コロナ治療は、軽度の症状でも50~60万円

タイでコロナ感染した場合、軽度の症状でも私立病院で治療した場合
治療費と2週間入院費で約50から60万円がかかると聞きます。

万が一、重症化してICUに長期に入院せざるを得なくなる場合には
1000万円近い多額の医療費がかかるとも言わています。

一般的なクレジットカードの付帯保険は200〜300万円程度であり
もともとの医療保険(米AIA保険)でも対応は可能との事でしたがもしもの時のお守りにと政府系銀行のKTBが株式45%を保有するクルンタイ・パニク保険がオンライン販売する
KPI(クルンタイパニクインシュランス)、4つあるプランの中で、 入院費用最大200,000THBカバーされるというこで   最も補償額が大きい「Protect」年間保険料850THBに加入しました。      

1年前は、補償が充実している人気の保険などは、問い合わせの段階で
定員が一杯になったため保険加入を断られたこともありました。

保険会社はもちろんのこと、他にも色々な銀行で、コロナ保険を扱っているようです。

タイ国内での外国人のワクチン接種も不透明で、         日々、新規感染者が増えている現在、保険の適用確認、見直しなど   されてはいかがでしょうか。

旅ランドは、毎日営業しております。
バンコクゴルフツアー、パタヤゴルフツアー、送迎、観光、ホテル等、予約のお問い合わせ、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

旅ランド 尾関

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)