新型コロナウイルスワクチン接種後、女性(46歳)が死亡

各報道によると46歳の女性は、その日の午前11時50分にA社のワクチンを接種して帰宅しました。

帰宅した女性は、37.8 度の発熱、頭痛、痛み、わずかな疲労感があったことから、午後6時30分にパラセタモール2錠を服用。さらに午後8時10分に四肢に痛みがあり、午後9時10分に持病の片頭痛があったため片頭痛を和らげる薬を服用しました。それから1時間ほど経って女性は痙攣を起こし、意識を失い、死亡したとのことです。

死因を調べるために、遺体はプミポン・アドゥンヤデート病院に送られました。

このような記事を見ると正直ワクチン接種困惑してしまいます、、、

旅ランドは、毎日営業しております。
バンコクゴルフツアー、パタヤゴルフツアー、送迎、観光、ホテル等、予約のお問い合わせ、ご相談等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

旅ランド 尾関

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)