喫煙者の方はご注意

日本や海外からタイ国内にタバコを持ち込む場合は
1カートン(紙巻タバコ200本)までとなっています。

規定量以上のタバコを持込み、職員に発見された場合
規定量以上のタバコは、全て没収となり、
1カートン当たり約4,785バーツ(現在のレートで約1万7000円)の罰金が科されます。

もし支払いを拒否すると身柄拘束の可能性もあるため、注意しましょう。

税関検査を通過しても、安心することなかれ、空港施設内においてタイ物品税局職員による抜き打ち検査が突然行われたりするとの事です。

今年8月20日より家庭内喫煙を禁止する法律が施行されまが         タバコについて、タイでは非常に厳しく取り締まっています。

その他、ポイ捨てで、警察官に見られて取締りにあった場合は
罰金2000バーツを払わないといけなくなります。

電子タバコの持込み、所持が禁止となっています。
ニュースなどで、使用者に最大懲役10年となるとの報道もあります。

何とかなるなど安易な考えは、危険です。
これは、タイの法律です。

「郷に入っては郷に従え」です。
ルールを守って、楽しいご旅行の思い出を
作りましょう。

Mr.Kazu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)